COMMENTS

エンジン運転会Vol.2 その1
長野県小諸市にある模航研で2回目のエンジン運転会を行いました。このプロジェクトは、古き良き時代の模型エンジンを整備し、実際に回し、映像に記録し、広く公開し、OLD-MODEL Engineマニアの皆さんに懐かしんでもらうことが目的です。昭和20年代から50年代にかけ製造・販売された模型エンジンを中心に公開していきます。
Vol.1は、4月に小山市で行われた集いの時に行われサワベ氏のコレクションを撮影し模航研サイトで公開しています。
今回はサワベ氏のコレクションのほか、模航研、OZNETコレクションも撮影しました。
まずはGMark30 5気筒エンジン このエンジンはメカニカルなエンジンでとても良く回りました。ただ、排気をギヤボックスに入れ潤滑する方式のため、ギア部がオーバーヒートし止まってしまうようです。

ウエブラ40 4サイクルエンジンのプロペラ飛び出し事故

撮影をしていくなかで、ハプニング映像を記録することができました。4サイクルエンジンはトルクがあり、プロペラナットがゆるんだり、逆転したりすることがあります。今回も、突然プロペラが飛び出す事故に遭遇しました。エンジン製造メーカーの説明書にはダブルナットでプロペラを固定するように書かれています。プロペラナットを使う場合は特に注意してください。
| oznet | comments (x) | trackback (0) | ModelAirplane::模型エンジン |
この記事のトラックバックURL
http://oznet.jp/blog/tb.php/27
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.065274秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
SEARCH

このページの先頭へ