COMMENTS

鈴木金蔵氏に関わる情報について
このサイトを見てくださった方から次のようなメールが届きました。
資料・情報をお持ちの方がおりましたらよろしくお願いします。
ーーーここから
担当殿
突然の書込みをお許しください。
小生は横浜で旧日本軍の無線機材、電波兵器の保存、研究を目的とした「横浜旧軍無線通信資料館」を設立、運営しております土居と申します。
この度、戦前の国産模型エンジンについてnet上を検索中、こちらのページに巡り会いました。

上記の様、小生は現在旧軍無線通信機材の保存に努めておりますが、生立ちはラジオ少年、模型少年であり、少年期には皆様と同様にゴム動力機を毎日のように作り、UコンやRCに強い憧れをもって育ちました。このため、模型航空に対する思入れから、一時期、戦前・戦中の国産模型エンジンや、初期のRCプロポの収集をしておりました。この折、当時はカルト産業の社長であられた故沖宏之氏より関連エンジン各種を譲り受けましたが、この中には三島通隆氏の有名なRC機、MM-13に搭載されていたOK-TWINEも含まれていました。
沖氏は三島氏を尊敬し、人生の師と仰ぎ、この関係でMM-13は後に沖氏に贈られましたが、機体は経年劣化により失われたとのことでした。
その後沖氏のご厚意で、三島氏のRC機に関わる写真アルバムも入手させて頂き、これらは現在も小生の大切なコレクションとなっております。

ところで、この折、戦前の技巧家であった鈴木金蔵と云う方が作られたとされる、60級の双発機用エンジン2基を併せて入手しました。このエンジンにつきましては、大分昔の模型雑誌(誌名不明)の記事「男のロマンを呼ぶ!珠玉のモデルエンジン(シリーズ14)」で紹介されたことが有ります。沖氏のお話では、本エンジンは何人かの高名なコレクターを経た後に氏が入手されたとの事ですが、製造されたとされる鈴木金蔵氏を含め、作成に関わる経緯が判然としません。このため、現在このエンジンと鈴木金蔵なる人物について調べを進めております。
つきましては、担当殿及びお知り合いの皆様の中に、本エンジン及び鈴木金蔵氏に関わる情報をお持ちでしたら、ご教示のほどを是非宜しくお願い申し上げます。

以上、唐突な書き込みにて失礼申し上げます。

横浜旧軍無線通信資料館
土居 隆
takadoi@carrot.ocn.ne.jp
http://www.yokohamaradiomuseum.com/
ーーーーここまで

| oznet | comments (x) | trackback (x) | ModelAirplane::資料 |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.082282秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
SEARCH

このページの先頭へ