miniな日々

上越赤倉

D-DAYの帰り、富山大の小川先生と上越教育大で打ち合わせをすることにしていた。待ち合わせの時刻まで時間があったので、ドラマ天地人に関係する史跡などをまわり、妙高までたどり着いたので、赤倉の山道をminiでのぼってみた。富良野やニセコなど北海道にも山道があるが、急勾配で崖下がこんなに深いところは見たことがなかった。





オドメーターが壊れて20000kmから動かないのでminiの走行距離は分からなくなってしまったが、このminiは北海道内はもとより、北海道外の道もずいぶん走っている。今回も、茨城・栃木・群馬・長野・新潟を走ってきた。最初の日に、茨城におりたときに異常に室内が暑くなっていて焦ったが、帰るころには問題がない状態になっていた。いつもは飛行場からレンタカーを借りることが多いが、年に一度は、miniで北海道外の道を走ってみたいと思う。苫小牧東港ー秋田港は10時間少々なのでいいかもしれないなあ。

| 2009,09,15, Tuesday11:18 PM/ozakiys | miniな旅::北海道外 |
| comments (x) | trackback (x) |

▲ page top

群馬県へ

6月7日(土)ディーゼルエンジンを搭載した模型飛行機の集いがあり、フェリーで新潟まで行き、関越道を走り群馬県太田市尾島まで行ってきました。完成後すぐということで、どんなトラブルが起こるかわからないと考えましたが、高速道路を100km/hで走行し、時には+αのスピードを出しましたが全く問題なし。前橋ICの手前でガス欠間近を感じあわてて高速を降りガソリンスタンドの向かいでガス欠したことと、高崎で気温28度のなかのろのろ運転をしていて水温計が振り切りちょっと焦りましたが大事には至りませでした。帰りは16時30分過ぎに群馬を出て北関東道から関越をぬけ途中谷川岳PAでバケツをひっくり返したような雨にあいましたが20時30分には新潟につき無事北海道に戻ってきました。総走行距離860km、消費したガソリン61.8L、平均燃費13.9km/Lという結果でした。80km/hではなんとか聞こえるラジオの音やカーナビの案内も100km/hを超えると戦闘機の座席にいるような音になりほとんど聞こえないことがわかりましたが、これまた、不思議と心地よい音です。今回サンヨーのミニゴリラを使いましたが、このカーナビ、音が聞こえなくても分岐がとてもわかりやすいので迷うことなくフェリーターミナルに戻ることができました。5万円ほどのSDカードナビですが、侮れない性能ですね。

| 2008,06,12, Thursday12:35 AM/ozakiys | miniな旅::北海道外 |
| comments (x) | trackback (x) |

▲ page top