miniな日々

←前のページ

次のページ→

エンジンルームから異音

信号でミニが止まったときに、ベアリングが壊れたモータのような異音がしてきた。最初は原因がわからず焦ったがよく見るとクーラーのスイッチが入っているとこの音がするということがわかった。ヒータ同様、クーラーも全く使わないので気がつかなかったが、スイッチを切るとこのごろごろした音はまったくしなくなった。センターメータの調整をしてもらうときに一緒に見てもらおうと思う。細かな故障?は出てくるが今のところ大きなトラブルは全くなし。それにしても、中古のミニを買っていたらと思うとぞーーっとする。12年前の車が諸費用混み60万円とかで平気で売られている。ミニは確かに手がかかる車かもしれないが、ガレージミニノースランドのNSP(ノースランドスペシャル)にして本当に良かったと思う。何よりもミニを愛するオーナーや一人一人のスタッフの想いがこの車にはびっしり詰まっている。
この件、本日ガレージミニのスタッフに確認したところ、ファンモーターだけが回っている状態ということがわかりました。確かに、クーラーのファンスイッチが少しだけ動いた状態の時だけこの音がでていて、クーラーをしっかり動かすとなんともないことがわかりました。一つ賢くなりました。
また、アルミのサイドブレーキノブがつかなくて困っていたのですが、これは、なんと私のminiのサイドブレーキが旧タイプのものだったことがわかりました。同じ年式のものでは問題なく取り付け可能でした。ちょっと加工してもらいこれもなんとか無事取り付けることができました。あとは燃料タンクのゲージを直して完了です。今日はちょっと先輩の赤miniの方と少しお話をして色々教えていただきました。最初はちょっと入りづらいガレージミニですが、お客さんも気さくでとても良い方が多いのでとても勉強になったりします。

| 2008,06,23, Monday08:33 PM/ozakiys | miniの整備::不調 |
| comments (x) | trackback (x) |

▲ page top

←前のページ

次のページ→