miniな日々

←前のページ

次のページ→

逃げてはいけない

たかがminiされどmini
なぜ、私が今miniに乗っているか、それは、2月のある日、ガレージミニノースランドで工場の方に、miniが欲しいと話をしたら、まともにするなら120万円はかかりますよと店内に案内してくれたというきっかけがあったからなのです。
中古車市場で60万円の内装綺麗、外装綺麗そうだけど腐ってぼろぼろのminiを買う場合80万円以上かかることがわかっていたので、ストレートな言葉がとても信用できそうで、話を聞きたくなり詳しく聞いているうちに、このチームのある種の強い「想い」を感じ、これまでの自分の生き方に通じる何かを感じたから、即お願いしようと考えたのですが、結果、なんとか6月初旬に納車になり、この2ヶ月で本州への走行も含め、6000km以上走ることができました。
ノースランドスペシャルは、全分解で使える部品は再利用という条件で全塗装、車検、諸費用込みでその他、内装を新品にし、センターメータ化などし、140万円ほどで仕上がりました。細かな不調はその都度対応してくれるので、安心して乗ることができます。
この、会社はバックヤードビルダーを目指しているそうですが、しかし、チャレンジ精神も旺盛で、壊れるATの対応策にチャレンジし続けています。
確かにWebに掲載する内容は研究としては疑問の残る内容(例えば、粘土の薄いオイルを使う場合の比較に感情まで入ってしまっているのは問題だよね など)はしますし、このあたりは、これまでの様々なトラブル対応や業販のプロセスが理解できない者にとって客観性がないようにも感じますが、
嘘をつかない、実直な社長の姿勢を見ていると、ついつい応援したくなります。
でも、厳しい批評や、中傷にめげて、掲示板を止めてしまうのは残念に思います。勝ち負けではなく、真実は変えることができないのですから、そのまま、大きな懐で意見を聴くことも大切だと思うのです。
たかがmini、されどmini、しかし、この車を一生乗り続けたいと考える人間がいる以上、何があっても逃げずにどっしり構える姿勢を保って欲しいと、思ってしまうのです。
幕末の時代、徳川家茂は、20歳で亡くなられていますが、高い人格で家臣から信頼されたそうです。私には信じられないですし、チャレンジャーな皆さんには考えられないことではあると思いますが、ここから学ぶべきこともあるかも知れないとふと考えていました。


| 2008,08,25, Monday06:58 PM/ozakiys | miniな日々::思うこと |
| comments (x) | trackback (x) |

▲ page top

←前のページ

次のページ→