miniな日々

←前のページ

次のページ→

miniの冬

2009年がスタートした。昨年6月に完成したminiはとても元気に走り回り,半年の走行距離がもうすぐ12000kmとなった。miniの冬について感じたことをまとめてみた。
1 洗車が必要ースパイクタイヤ禁止の北海道の道路は融雪剤がたっぷりまかれている。大雪が降らない限り幹線道路には雪がない状態で凍結防止効果はばっちりなのだが,目に見えない状態で車が腐食していく(アスファルトの粉塵は目に見えたので問題になったけれども,融雪剤の環境や人への影響はあまり報道されないが車がこれだけ腐食するのだからそのうち大変なことになるのだろう)なので,週に1回は下回りを中心に洗車する必要がある。今時の国産車は,それなりの対策が施されているので,5年はなんとか車の形を保つことができるようだが,英国のminiはそうは行かないらしい。CRCの2とか3のシリーズをあちこちに吹きかけてはいるが,何年このボディーを使えるのかちょっと不安。
2 車内が曇るー車内に少しでも水分があると,車内は曇ってしまう。国産車ではヒーターをかけるとすぐに室温が上がり,窓の曇りも消えるが,miniはそうは行かない。40年くらい前に空冷の軽自動車で必要だった,解氷剤が必要になる。当時の解氷剤と同名のものもあるが,安いものは,吹きかけると曇りは消えるが,室温がー10度以下だと,すぐに氷結していく。ガラコのシリコーンを含むものを使い出したが再氷結しにくいことがわかった。洗車したあと,内外の窓に吹きかけたら,雪もつかないのでなかなかよいのだが,効果は当然持続しない。タオルと氷結剤で車内の曇りとの戦いの日が続く。
3 雪道を走るのが楽しいーサイドブレーキの位置がちょっと前すぎなのだが,サイドブレーキを引くとリアダイヤがロックされ車の向きを思いのままに変えることができる。タックインはひどくでないのだが,オーバースピードで走っても,アクセルを抜くと適度向きが変わるのし,電子制御でコントロールされないので,思い通りに曲がることができる。なんだか,走るのが楽しくなってくる。
さびの浮いた,北海道で走っていた中古車のminiを購入するのは,お金を捨てるようなものだが,リビルトしたminiを購入したからこそ,このような状態でなんとか冬を楽しむことができるような気がする。miniの購入を検討している人は,ボディのしっかりとした融雪剤がまかれていない地域のミッションやエンジンが壊れた安いベースカーを購入し,予算に応じたビルトをして乗るというのが間違いのない乗り方だとつくづく感じる日々。


| 2009,01,06, Tuesday08:38 AM/ozakiys | miniな日々::思うこと |
| comments (x) | trackback (x) |

▲ page top

←前のページ

次のページ→